『妖は宵闇に夢を見つ』シリーズについて
終の涯ついのはて」という、妖や神々の住まう美しい異界を舞台にした和風ファンタジー
「半人半妖の夜光」と「人間の葵」が終の涯で出逢い、種族の違いを越えて心を通わせるお話です
基本はシリアスですが、全体にしっとりと穏やかな進行で、ほのぼのした場面も多め
本編とする「夜光と葵の物語」がメインストーリーである一方、元々がオムニバスな世界観なので、未だ公には出ていないキャラ、出していない話も多く存在します
2021年から更新を開始した「蓬莱編」も、元々はそういったネタの集合体を「夜光と葵の道中記」に落とし込んだものです
「妖は宵闇に夢を見つ」小説本編